これからTOEICで750点以上を目指す方へ


参考書を選ぶ
人それぞれ一番適した参考書は違いますから
絶対にコレ!とはいきませんが
参考書を選ぶポイントにして下さい。
TOEIC700点未満の人をひとまとめにしてしまうには
幅がありすぎるのですが
対処法や克服すべき弱点に共通点が多いです。
・単語力の不足
・リスニングの練習量の不足
・文法問題での得点力に安定感が無い
特にリスニングと文章問題を集中して勉強していきましょう。

例えはNHKのニュースで英会話など、
英語を無料で学ぶ事は出来ます。
リスニングやリーディングの勉強としても使えます。
リスニングのトレーニング方法としては
発音、イントネーション、音のつながりや
息の区切りなどを意識して何度も練習することが大切です。

参考書を選ぶ為に必要な事は自分のレベルに合わせて選ぶ事。
購入する前に目標を決め、 それにそった物を選ぶために
口コミやネット検索での評価などを参考に選ぶといいですね。
解説が理解しやすい物
長文の英語と日本語が見開きになっている物は
分からない時にページを移動するストレスがかからないので便利です。
さらに見開きタイプの場合は、
分かりやすく構成されている事が多いので使いやすいと思います。



本の画像



いくつか参考書を紹介しますので参考にしてみて下さい。

■TOEIC公式問題集
試験内容にそった問題集ですので、
スコアアップを目指すならば
繰り返し使っていくものとして最適な問題集でしょう。
模試を解く60%、復讐をする40%の時間配分で
勉強していくのが良いようです。

英語耳[改訂・新CD版]
リスニングの時の音の聞き取りをトレーニングする教材です。

■新TOEICテスト中学英文法で600点!
TOEICテストの勉強と同時に中学文法を復習が出来る
一石二鳥の文法問題集。

一億人の英文法
日本人にありがちな文法を丸暗記するのではなく、
メージや感覚的に文法を理解する、 『英語を話す』為の文法書。

MENU
Copyrights (C) これからTOEICで750点以上を目指す方へ Inc. All Rights Reserved.