これからTOEICで750点以上を目指す方へ


TOEICスコアレベル

合否判定されないTOEICですが
スコア(点)によってその人の英語力を評価します。
就職や留学などで一定の目安の点数はあるでしょけれど
より高い点数を目指して行きたいですね。

点数は10点~990点まであり
5点刻みのスコアで示され、5つのレベルにランク分けされています。

■Eレベル(10~220点)
学校で勉強した以外に英会話の勉強をしたことが無ければ、
大抵の大人はこのレベルになるようです。
10~220点まで幅がありますが
単純な会話をゆっくり話してもらえれば
断片的に単語を並べて答えられるレベル
実質的なコミュニケーションが取れるまでには至っていないレベル。

■Dレベル(220~470点)
通常会話で最低限のコミュニケーションが取れるレベル。
ゆっくり話してもらったり、
繰り返しや言い換えをしてもらえれば、理解できる。
文法や言い回しに間違いがあるが、 会話が成立するレベル。

・300点以下
英語が苦手だった大卒者レベル。
(英検5級)
・450点
海外経験の無い、日本の大卒新入社員の平均的レベル。
(英検準2級。)

■Cレベル(470~730点)
日常生活に対応できるレベル。
一般的な社会生活ならば業務上のコミュニケーションが取れる。
複雑な場面であれば、
的確な対応や意思の疎通が出来ない事もあるが
通常の会話であれば理解でき、返答にも困らないレベル。
表現の不足があっても自分の意思を伝える事が出来る。

・500点
企業が新卒者に望むスコア レベル。
・600点
海外旅行で買い物、食べたいもののオーダーが出来るレベル。
・650点 (英検2級)
・700点
国連英検B級
海外で仕事などの最低限のコミュニケーションが取れるレベル。

■Bレベル(730~860点)
どんな状況でも適切なコミュニケーションが取れる。
日本人の英語圏に駐在している人はこのレベルが多い。
話題が特定な分野であっても対応でき
業務上にも大きな支障はないレベル。

・790点
外資系サイトの求人で応募資格に必要とされるTOEICスコアの平均値レベル。
・800点
海外で日常会話やトラブルの対処ができるレベル。

■Aレベル(860~990点)
経験のある範囲であれば専門外の分野の話題でも、
十分な理解が出来き、適した表現が出来るレベル。
英語を正確に理解し、流ちょうに駆使する事が出来る。

・900点
業務や日常会話を英語でこなせる。
国連英検A級
(英検1級)米国人 10~13歳程度と同等レベル。
・940点
教養のあるネイティブの平均レベル。
990点
国連英検特A級
ネイティブと間違えられるレベル。



MENU
Copyrights (C) これからTOEICで750点以上を目指す方へ Inc. All Rights Reserved.